1. TOP
  2. これが聞きたかった!市ヶ谷イタリアン料理店、めがね食堂栂野(トガノ)シェフ。絆の想い。

これが聞きたかった!市ヶ谷イタリアン料理店、めがね食堂栂野(トガノ)シェフ。絆の想い。

めがね食堂
この記事は約 12 分で読めます。
DSC_0963

中央・総武線市ヶ谷駅より、日テレ通り沿いに徒歩3分。
「めがね食堂」と書かれた看板が見えてきます。
階段で、地下1Fに降りれば・・・

img_20170106_092049_446

そこにはめがねが!いや、めがねをかけた絆を人一倍大事にするシェフが、今日も新しい感動を創作中。
「一歩、お客さんに踏み込んだサービス」、でお客様から絶大な支持を得ている栂野(トガノ)シェフ。

 

「ありがとうございました!」
その声が聞きたくて、今日も来客者が後を絶ちません。

今回は、超多忙にも関わらず、特別に栂野(トガノ)シェフの想いを語って頂きました。

新しい出発

img_20170106_090751_238

-2016年は、どんな1年でしたか?

34年間生きていて、一番波乱万丈な1年でした。
まずは、今までやっていたお店を3月末にたたんで、4月から新しいお店を立ち上げた事でした。

 

今までのパートナーと、袂を分かれたことも大きかったです。
そして、新しい人とお店を経営することになったのですが・・・
結局問題が膨らんで、色々な事が後手後手になってしまいました。

 

人の問題、工事の問題、金銭の問題など・・・
一から起業する事が、良いことばかりでは無いことを痛烈に実感しました。
逆に34歳という体力のあるうちに、とてつもない試練を経験することが出来て、良かったなと思います。

 

融資を受けるのに何が必要かと、弁護士を相手にするとか。。

 

起業するのに、経営だけが出来れば良い訳でも無く、料理だけが出来れば良いわけでも無いことが良くわかる2016年でした。

 

-新店オープンの理由を教えてください。

元々は、フランチャイズの使用料が高かったためでした。
その準備をしているなかで、パートナーとの諸事情も重なって、どの道お店はたたまないといけなくなりました。

 

-新店の場所を市ヶ谷にした理由は何でしょうか?

新店になっても、今のお客さんが来やすいところを一番に大事にしたかったことです。
建物のオーナーさんとの信頼関係も大きかったです。
「お金の面ならなんとかするから、是非ここで君に続けて欲しい!」、と言って頂いたのもとても嬉しかったです。
人の縁が大事だなぁと、改めて思いました。

 

-お客さんに変化はありましたか?

実は、4月に「chef’s table bancho」と出発した時は、お客さんはあまり来なかったのです。
開店までドタバタしたのもあって、告知が十分では無かったのもあったのですが。。

 

9月から「めがね食堂」に名前を変えたことで、一気に以前のお客さんが戻ってきました!
あと、名前に興味を持って来店してくれる新規のお客さんも増えてきました。

 

 めがね食堂!

img_20170106_091822_080

-お店の名前を「めがね食堂」にした理由って何でしょうか?

常連でもあり、親友の一言で決まりました(笑)。
「chef’s table bancho」という名前が、正直しっくり来ていなくて、自分らしさが出てないーと思っていた矢先の一言でした。

 

R plus→chef’s table banchoとお店の名前が変わりましたが、美容院と間違えられる、飲食店か分からない、何か敷居が高いのかな?と思われるのを切り崩したかった!
ださくても良い、来てくれた人が良かったと思ってくれる事を一番大事にしたかったのです。

 

どんなお店か分かり易い事を大事にしたかったですし、地下を降りたら何かめがねかけたシェフがいるとか、ジャージで来たって良いじゃん、と思ってもらえるような身近な存在にしたかったんです。

 

当時勤めていたスタッフも大賛成で、提案した親友だけがノリで言ったから微妙と言っていましたが、自分自身も「これだ!」と思ったので決めた感じでした。

 

-私も、栂野シェフがついに心の底からやりたい!と思うことをついにやり出したなと思いました。
ちなみに、めがねに何か特徴ありましたか?

普通のめがねのはずですが・・・
でも何故か、プレゼントでめがねとかもらったりします(笑)。

 

-新規の常連さんは増えましたか?

ありがたいことに、前よりもどんどん増えてきました。
また、お客さんとの一体感をよりいっそう感じるようになりました。

 


それと、名前を「めがね食堂」にして、おっ何だこの名前は!と思って来店してくれる、好奇心旺盛なお客さんが増えたなーと思います。

 

-とても多忙だと思うのですが、顔がとても活き活きしていますよね?

お店も軌道に乗ってきて、明らかに今まで一番忙しいんですけどね(笑)
この時期になると、手荒れがひどかったのですが、今年は不思議なことにほとんど起きてないんです。
心が、肉体を超え出したとは、この事だと思います!

1485069577563

 

パートナー熱烈募集中!

img_20170106_091328_522

 

 

-ずばり、一番の課題は何ですか?

パートナーですね!
2017年は、もっと色々な事に挑戦したいので!

 

-どんな人と一緒にやりたいですか?

食べるのが好きな人!これに尽きます。

 

-経験は問いますか?

調理経験は、無くてもまったく問題ないです。
包丁を、握ったことさえ無くても構わないです!

 

-年齢制限はありますか?

特に無いですー

 

-例えば、65歳以上でもOKですか?

もちろんです!
最終的には会った時に決めますが、やっぱり食べるのが好き!であることが一番大事ですね~。

 

育てたい!、っていう気持ちもとても強いです。
そういえば、1年前にうちのお店に来てくれた人が、元フランチャイズのお店に就職しました。
元々、飲食店を希望していたようですが、何かでうちのお店を知って来店してくれて、それが決め手になり、希望してくれたみたいです。

 

オーナーさんは、お客さんとの距離を近くにするより、分業制で大きいお店の方向性になるよ、と説明してくれたようですが、その方の熱意におされて雇ってくれたみたいです。

 

 

-もしその方が、めがね食堂で働きたいと言ってくれたらどうでしょうか?

大歓迎です!

 

カレーが大ヒット!

img_20170108_085818_063

-ランチといえば生パスタでしたが、カレーも始めましたよね?

そうなんです!パスタ以外でお客様に何か喜んでもらおうと、新たに挑戦しました。
これが嬉しい事に、お客様に喜んで頂きました。

 

-お米を最近変えたと聞きましたが?

くびき米という、新潟県のお米に変えました。
自分が食べて、素直に美味しい!と思って使ってみることにしました。

 

告知はしてないのですが、不思議なことにお米を食べるお客さんが増えました。
それと、カレーの日に女性客が徐々に増えています。

 

-玄米を使っていますか?さっき頂きましたが、美味しかったですー!お米なんですが、なんかサラダを食べている感覚でした!

玄米と白米を、2:1の割合で入れています。
色々割合を試したけど、これが一番カレーにぴったりでした!

 

理想の家庭像

img_20170106_091026_167

-ちょっと砕けた質問です。理想の家庭像はどんな感じですか。
ずばり、この場で聞いちゃいます(笑)

会話が出来る家庭が良いなーと思ってます。
毎日、食卓を囲んで会話がしたいです。

 

-お子さんの希望とかはありますか?

子供は二人が良いですね。
ちなみに、男の子と女の子です。

 

-どっちが先に欲しいとかありますか?

今のままだと、男の子が先になります(笑)。

 

-えーっと、これはオフレコの方が良いですか?

全然問題無いです!

 

-どんな方でしょうか?差し支えなければ、教えてください。

彼女はパティシエなんです。
彼女からしたら、私のスイーツは遊びレベルになっちゃう人。
まさにプロの職人です!

 

-栂野(トガノ)さんのスイーツも、十分美味しいと思いますが!
めがね食堂では、作らないのですか?

もちろん考えてます!
今すぐにでは無いですが、是非楽しみに待って頂けたらなと思います。

 

飲食業だと、どうしても家庭で食卓を囲むのが難しいです。
だけど、仕事を優先して家庭は崩壊とかは絶対したくないです。

 

家庭も大事にできる、お店のありかたを日々模索中です。
そして、勤めてくれるスタッフの家庭関係も、もちろん大事にしたいです!

 

むしろ、勤めているからこそ家庭が上手く行く!
そんなお店に育てていきたいです。

 

2017年はこれがしたい!

1485069567482

-2017年の、やりたいこと教えてください。

まずはパートナーの確保ですが、具体的な行動としてはテイクアウトに力を入れたいなと思っています。
スイーツや、お弁当もやりたいなーと思っています。
お店だと、席数も限りがあるので、もっと利用して欲しいと思う人のために枠を拡げたいです!

 

後は、ネット販売です!
保存食とかがやりたいです。

 


具体的には、ジンジャーエールを作った際に使ったショウガなどを販売したいですねー。

焼き菓子はもちろん、オーダメイドで対応するようなことも是非やりたいです。

 

-あのショウガは美味しかったです!それいいですね。私も予約しておきます!(笑)。
さっき作ってたソーセージも気になりますねー

そういうのも対応していきたいんですよ!
後は、イベントをもっとやりたいですねー。
魚ナイトとか、築地に買い出しに行って、お店で調理するとかです。
畑に行って、実際に収穫して調理するようなこともやりたいです!

 

特にお子さんに、命の大切さとか、生きている形が何だったとかを知ってもらいたいです。
命を頂くことを、もっと突き詰めたイベントにしたいなと思っています。

 

-料理では何かありますか?

日本食と、洋食を合わせた料理がやりたいんです。
見た目が日本食だけど、食べたらフレンチの味がしたとか。
逆に、フレンチの見た目だけど、食べたらわ!(和)、みたいのを作りたいですねー。

 

後は、3ヶ月に1回とかでいいので、自分を最大限に開放した料理を作りたいです。
今はパートナー絶賛募集中の関係で、抑えながら料理していますので。

 

-パートナーを得てからの、めがね食堂。
楽しみですね~。わくわくしてきました!

是非、楽しみにしてて下さい!

 

一歩踏み込んだサービスの心とは!

1485069417273

-多くの方から、栂野シェフは「一歩踏み込んだサービス」が魅力と伺います。
その心は何かありますか?

とにかく、お客さんが求めている最高の物を出したい!が一番の根底にあります。
一歩踏み込むことで、一番望むものが見えてくる。
そうすることで、お客さんから友達になる。
人と人が結びつくことで、料理も最高に美味しくなると思います!

 

人と人がつながらないと成り立たないお店だし、元々そういう想いでやっています。
そして、誰かが活きる場にしていきたい!と思っています。
それは料理に限らなくても良いし、このお店の空間を最大限に活かして、新しいことに挑戦する場にしたいと思っています。

 

-そういえば、最近写真展も行いましたよね。

それも、誰かが活きる場にしたい活動の1つなんです!
この写真展は本当にやって良かったと思ってます。
出展してくれた彼女にとっても初個展だったのですが、これがきっかけで、どんどん彼女の才能が伸びて欲しいなと思っています。

 

→写真展、feel the moment dayにリンク!

img_20170108_102840_537

 

-ちなみに、写真展はいつまでやる予定ですか?

1月いっぱいで、2月にまた別の方がやりたいと言ってくれています。
そして、3月もまた別の人がやる予定です。
今は、1~3月まで埋まっている状態です!
やっと、人と人の結びが実りだしたなと実感しています!

 

最後に一言!

1485069582340

-時間が迫ってきましたね。最後に何か一言下さい!

めがね食堂を、盛り上げてくれる人を募集中です!
私と一緒に、人が活き活きする場を作りませんか?
食べるのが好き、人が好き、めがねが好きな人のお問い合わせ待っています!

 

そしてこのお店を、もっと自分をアピールしたい人の活かせる場にしたいです。
自分のステップアップだけでなく、他の人のステップアップにする場にしたいなと思っています!

 

8年間の常連さんに、この前言ってもらえたのは、ついに栂野さんの求める形になってきたねと言って頂きました。
まさに、今はやりたいことばかりでとても楽しいです!

 

-準備してた質問の、3分の1も終わらなかったです。。
連載企画でお願いしても宜しいでしょうか?

是非!次回も宜しくお願い致します!

 

めがね食堂の、ホームページはこちらです!
お店で働くのに興味を持って下さった方は、以下の連絡先にお問い合わせ下さい!

メール:company.yui@gmail.com
電話:03-3556-9938 

 

あなたのご自宅にめがね食堂!栂野(トガノ)シェフは出張料理人もやってま~す。
これが聞きたかった!☆番外編☆市ヶ谷イタリアン料理店、めがね食堂栂野(トガノ)シェフ。出張料理に密着取材!

 

メニューに無いサービスが充実しているのが嬉しいですね。次回はステーキ食べるぞ!
人数限定!市ヶ谷イタリアン料理店、めがね食堂のディナー。予約の方法からおすすめメニュー、雰囲気まで大公開!ご予約はお早めに!

 

 

くびき米とは?女性農家、岡田さんの幸せへの想いが詰まった記事はこちら!
これが聞きたかった!女性農家、岡田さん。くびき米に込める幸せの想い

 

実際行った人の声が聞いてみたい!気になる方は以下をクリックお願いします!
[S] 市ヶ谷の「めがね食堂」に行ってきました~毎日検討中~

くびき米の最新動向が気になる方は、こちらまで!
*一般販売もあります。

くびっきー

 

めがね食堂、くびき米については、お問い合わせか、以下の連絡先にご気軽にどうぞ!

 

info@healthymec.com

本日の食卓の笑顔

「料理の道に進むよ」。
そう言って、大学のキャンパスを抜け出した栂野(トガノ)シェフ。

 

今でも私の記憶に、鮮明に残っています。
10年越しで、こうしてまた一緒に志事が出来た事を嬉しく思います。
ありがとう。

 

Weat編集部はこれからも、めがね食堂と栂野(トガノ)シェフの軌跡を、追い続けていきたいと思います。
次作も、是非お楽しみください。

 

本日も、最後までご愛読ありがとうございました。

 

Weat編集部は、熱い心を持った輝く人を募集中です。
あなたの街に住む、これが聞きたかった!人を紹介して頂けませんか。
ご連絡お待ちしております。

 

以下の連絡先か、お問い合わせフォームにご気軽にご連絡下さい。
お待ちしております!

info@healthymec.com

世界の食卓に、笑顔を届けませんか? あなたの、いいね!がきっと誰かを幸せにします。

\ SNSでシェアしよう! /

WEAT[ウィート] 毎日の食卓に笑顔をの注目記事を受け取ろう

DSC_0963

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

WEAT[ウィート] 毎日の食卓に笑顔をの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

WEAT編集部

WEAT編集部

読んでくださった方たちが、幸せで健康になるメデイアを目指して

コメント

コメントを残す

*


*

この人が書いた記事  記事一覧

  • これがやりたかった!都心での私の農業日誌 vol.1 都心から農地は消えてしまうのか!?

  • 醤油はただの味付け調味料ではなかった!本物の醤油はこれだ!健康効果にもびっくり。

  • これが聞きたかった!訪問看護師、Iさん。より患者さんに近い医療への想い。

  • 手作りみそでみそ汁を!みそソムリエ小野敬子さんのみそ作り体験に参加してきました。

関連記事

  • 人数限定!市ヶ谷イタリアン料理店、めがね食堂のディナー。予約の方法からおすすめメニュー、雰囲気まで大公開!ご予約はお早めに!

  • これが聞きたかった!☆番外編☆市ヶ谷イタリアン料理店、めがね食堂栂野(トガノ)シェフ。出張料理に密着取材!